Azure DevOps Projectを試してみた話。

Microsoft Connect(); 2017のキーノート内で発表があった「Azure DevOps Project」ですが、眺めていたら「Static Website」というのがあったので試してみました。
Azure DevOps Projectですが、利点はざっくりとこんな感じとのこと。

  • 新しいアプリケーションとDevOpsパイプラインを数分で立ち上げて実行
  • .NET、Java、PHP、Node、Pythonなどの幅広い一般的なフレームワークのサポート
  • インスタント分析と実行可能な分析のための組み込みアプリケーション・インサイト統合
  • Visual Studio Team Services(VSTS)を使用したクラウドベースのCI / CD

CI/CDは個人的に結構見ることが増えた感あるんですが、CM環境までサクッとできるのはすごいなと!

Azure DevOps Projectの詳細についてはこちらをどうぞ。

Continue reading »

JAZUG札幌支部(きたあず) 第16回勉強会で登壇しました。

10月28日に「札幌 ユビキタス協創広場 U-cala」で開催された「JAZUG札幌支部(きたあず) 第16回勉強会 ~秋の陽気で妖気なアーキ祭り~」に参加してまいりました~。
北九州から札幌まで、頑張れば当日の昼までに到着できるという知見を得た、強行軍な旅程でしたがw(ただし出発は午前4時)
今更感すごいんですけど、当日のレポートなど。
Continue reading »

Azure WebAppsとDreamweaverのGitを使ってGitデプロイ環境を構築してみた話。


私はコーディングが得意ではないのもあって、Dreamweaver愛用者なのですが。Dreamweaver CCがGitの操作に一部対応したので試してみました~。
ちなみに、Bitbucketを使ったGitデプロイ環境は以下の記事をどうぞ。

Microsoft Azure WebAppsとBitbucketを使って Gitデプロイ環境を構築してみた話。
http://zuvuyalink.net/nrjlog/archives/2486

Continue reading »

無料でできる!画像をDropBoxにアップロードすると自動でalt属性を作る仕組みをノンコーディングで作った話(Microsoft Flow)


以前、Logic AppsのComputer Vision API Analyze Imageコネクターを利用し「DropBoxに画像をアップロードすると自動でalt属性を作成する仕組み」を作ったのですが、これはAzureのアカウントを持っていることが前提になっていました。
Logic Appsを利用したバージョンはこちら。

Cognitive Servicesの画像解析を使って自動でalt属性を作る仕組みをノンコーディングで作ってみた話(LogicApps+Computer Vision API Analyze image)
http://zuvuyalink.net/nrjlog/archives/3599

もっと手軽に試す方法ないかな?と考えて、今回はMicrosoft Flowを使って作成してみました。無料でできます!
まずはコレを試していただいて「ええやん!」ってなったらLogic Appsで構築いただければと。
Continue reading »

「福岡クラウドUG Night」で登壇しました。


2017年8月31日(木)にFUKUOKA growth next イベントスペースで「福岡クラウドUG Night」を開催しました。
このイベントは GCPUG福岡・JAWS-UG福岡・JAZUG福岡(ふくあず)という、AWS、Azure、Googleの3大クラウドのユーザーグループ合同でを開催したクラウド勉強会です。
もう大盛りあがりで本当に楽しかった!!w
というわけで、イベントレポート的な記事です。
Continue reading »

Azure Event Gridアイコン「ベクター形式版」つくりました。


2017年8月17日にAzure Event Gridというサービスが発表されました。(現在はプレビュー)
ざっくりとイベントベースのアプリケーションを作りやすくするためのツールみたいなイメージでしょうか。
どういうサービスか?の詳細は、以下のブログを参考にされてください~。

Continue reading »

Dropboxに画像をアップロードするだけで透かし画像(Watermark)が入った画像と画像URLが入ったHTMLを自動出力する方法。


お盆休みに試してみました、なネタ。
写真を多く掲載するポートフォリオサイトを作りたいけど、透かし画像(Watermark)を毎度入れるのが結構大変なんだよね…という相談を受けまして。
PhotoshopやLightroomを使って透かし画像(Watermark)を入れられますが、確かにそれも枚数が多く毎度となると手間かな?と。
そこで、DropBoxやOneDriveに画像をアップロードするだけで透かし画像が入った画像が出来上がり、かつ透かし入り画像のURLが入ったポートフォリオサイト用HTMLが出来れば便利なんじゃないかな?と思ったので試してみましたな話。
今回はWordPressに自動で透かし画像を入れることができるプラグインがあるのでそれを利用しています。
毎度のごとく、LogicAppsでコネクタをつないで作成しているのでノンコーディング!WordPress側の設定がうまくいけば、かなり簡単に実装できますー。
Continue reading »