[2020-2021] Microsoft MVPを再受賞しました。(Microsoft Azure / Business Applications)

Pocket

2020年7月1日付けで Microsoft MVPを再受賞いたしました。(2020-2021)
Microsoft MVPは5度目の再受賞となりますが、今期は Microsoft Azure と Business ApplicationsBusiness Applications の複数カテゴリの受賞となります。

マイクロソフト MVP アワード プログラムとは
https://mvp.microsoft.com/ja-jp/Overview



名前の下のサービス名のところが「Microsoft Azure | Business ApplicationsBusiness Applications」に変わりました。

私は2016年1月期受賞者なので2017年1月に一度再審査があり、今回で受賞回数が5回になりました。
ソーシャルで「MVPってどうやったらなれるの?」みたいな投稿をよく見かけるし色々な方が意見を書かれていますが、私はMVPは「一年間の活動に対するサンキューアワード」であり資格ではないので、明確に登壇何回やったとかブログ記事を何件書いたとか、そういった数量的なものの指針は無いと思っています。
私の場合は、自分が推したいMS系の技術について試してみて、自分が引っかかったところを忘れないためにブログを書いたりしてアウトプットを続けた感じでしたし、今もそれを続けている感じです。
あと「視点が違う(職種が違う)人間の意見も大切にしてくれるのがMicrosoft MVPという制度である」ということも、改めて強調しておきますね!
私の活動内容がわかるMVPプロフィールページのリンクを張っておきます。参考になりましたら。


5yearsのリングは宝石箱に入ってるみたいでした!
梱包されてたダンボールがボコボコで「え…?中身大丈夫?!」ってなりましたけどw


ビジュアル寄りのデザインしかやってなかった自分が、ご縁あってクラウドサービスのAzureを学ぶ機会に恵まれ、それがキッカケでMicrosoft MVPを受賞してから5度も再受賞できていることにびっくりしていますが…。これまで指導し支えてくれた皆様、本当にありがとうございます。
今期もデザイナー視点は変わらず、「AzureとPower Platformの良いところ」を自身でも活かしつつ皆様にお伝えしていけるよう、より一層精進してまいります。
それでは皆様、これからもご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願いいたします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください