【便利ワザ】エクセル(Excel)やワード(Word)に貼り付けられた画像をサクッと取り出す方法

Pocket

クライアントさんから素材をもらうとき、ExcelやWordに写真を貼り付けてて「それを使ってください」みたいに言われることって結構ないですか?


「いやあの、この貼付ける前の画像が欲しいんですけど…」と言ってみたところで「いやぁ、元画像無くなっててコレしかなくてー」と言われたり、10枚以上写真が貼ってあったりすると、一枚ずつコピペはちょっと…みたいな気分になると思うのです。
ついでに、エクセルやワードでギュッと縮小されてるとホントつらさ倍増なわけですが…。

で、それを「サクッと元画像のサイズで取り出す方法あるよ!」と会社の雑学王に教えてもらったので、忘れないようにメモしときます♪

Microsoft Excel 2007以降で作成されたデータならサクッと画像が取り出せる!

ファイルの拡張子がエクセルなら「.xlsx」の形式であることが前提となります。
(コレ以前の拡張子のファイルには適用されません…)

これ、やり方がわかりましたので加筆しています!!

では早速やり方です!

※この方法を試す場合は、不測の事態に備えてバックアップはしっかり取っておくのをオススメします。


「.xlsx」を「.zip」に変更します。

圧縮ソフトを使わず、直接拡張子を変更すること。


「ホントにいいの?」って心配されますけど、ココは「はい」で。


zipファイルが出来上がります。
このzipファイルを「圧縮解凍ソフト」を使って解凍します。

▼圧縮解凍ソフト
Windows →「Lhaplus
Mac →「Stuffit Expander
他に使いやすいものがあれば、ぜひ教えてください〜!


ファイル名と同名のフォルダが現れます。


「xl」フォルダを開きます。


「media」フォルダを開きます。


エクセルに貼った画像が元の画像サイズで入っています!超便利♪

「.xls」や「.doc」形式はできないの?

私はできないって思ってたんですが、お知り合いから「.xlsxに保存し直したらできるんじゃないの?」ってご意見もらいまして。
試してみたらできました!!!(感涙)

ではやり方です。

1:「○○○.xls」をMicrosoft Excel 2007以降で開く
2:名前をつけて保存→Excelブック(X)→「ファイル名」部分の拡張子が「.xlsx」に
  なっているのを確認して保存
3:「○○○.xlsx」に変換されたファイルに上記の方法を実行
4:画像が元サイズで取り出せる!!!

Excel、word両方できました♪
@GaussPlane さん、@mushinchi ちゃんありがとー!

 

なぜ「.xlsx」の形式のみ?

エクセルは「.xls」形式もありますが、今回の方法は適用できません。
なぜかというと…

「.xlsx」形式とは?
Microsoft Excel 2007以降の標準のワークシートファイル、およびファイル形式。
ファイルの拡張子が「.xlsx」であるためこのように呼ばれる。
複数のワークシートとそこに埋め込まれた数値や文字、計算式や関数、図形やグラフ、マクロなどの情報が一つのファイルとして収められている。内部はXML形式の文書ファイルと関連するファイルをZip形式で圧縮して一つにまとめた構造となっており、その仕様は「Office Open XML」(OOXML/Open XML)として公開されている。

XLSXファイルはMicrosoft Excel 2003以前の標準ファイル形式であるXLS形式(.xlsファイル)に代わって採用されたもので、Office 2007ではExcel以外にも、Wordが従来のDOC形式に代わってDOCX形式(.docxファイル)を、PowerPointがPPT形式に代わってPPTX形式(.pptxファイル)をそれぞれ採用している。
(IT用語辞典より抜粋)

つまり、Wordであれば「.docx」、PowerPointであれば「.pptx」だったら今回の方法が適用できるということ!
「media」フォルダ内に画像が入るのは共通のようです。

とても便利な方法なので、ぜひ試してみてください♪

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>