2行目の始まりを行揃えするCSSの小ネタ。

注意書きや※印が文頭に入った文章を書くとき、1行で収まればいいですけど2行になってしまうときってありません?

画像にしたいけど…ココはテキストじゃなきゃダメ!!
そんなとき、改行入れるとか全角スペース入れるとか私はやっちまおうと思うんですけど、今回は個人的に目からウロコの小技を会社の人に教えてもらったのでメモ。

私は 行揃えしたいだけなんです。


Continue reading »

コンバージョン率と顧客獲得単価

効果測定に必要な数値の算出。

コンバージョン率(CVR)算出方法

コンバージョン率(CVR)=コンバージョン数÷クリック数
広告をクリックしたユーザの中でコンバージョンまで達成した割合を表す。
成果(売り上げ)に直結するデータ。

顧客獲得単価(CPA)算出方法

顧客獲得単価(CPA)=全体の広告コスト÷コンバージョン数
1つのコンバージョンを獲得するために費やしたコストを表す。
コンバージョン率を高めたりクリック単価(CPC)を下げることで顧客獲得単価も下げることができる。

SEM再勉強中!

以前、通販会社に勤務していたときに多少かじっていた『SEM』。
ちなみに『SEM』とは…

☆SEM(検索連動型キーワード広告)とは?

自社ホームページに検索エンジン経由の「優良な訪問者」を増やすためのマーケティング手法のこと。
SEMでは、検索エンジンの検索結果一覧ページにより有利に掲載されるように、ホームページのコンテンツ設計を最適化する「SEO」に加えて、キーワード連動型広告や、有料のホームページ登録サービス(PFI)などを複合的に活用する。単なる集客だけに止まらず、売上や投資収益率(ROI)の向上といった事業の効率化までを視野に入れた考え方でもある。

(ASCII.jpデジタル用語辞典より引用)

代理店の人に教えてもらったり自分で調べたりで「理解している」つもりだったんですが、いざ今の会社で本格的に運用を…と考えたときに、結構わからないことや曖昧なことが多かった…。
コレはヤバい!と思って、再勉強を決意した次第です。(汗)
Continue reading »

「いいね!」ボタンを押したときのテキスト・画像を指定する方法

「いいね!」ボタンを押したとき、ウォールに表示されるタイトルや文章、画像。
何も指定しなければ、そのページのtitleタグとdescriptionの値が表示され、ページ内にある「50px×50px以上、縦横比が3:1以下のPNG、GIF、JPEGファイル」画像がランダムに選ばれるらしいです。
Continue reading »

『パンダ・アップデート』って何?

パンダがアップデートしてユーカリも食べるようになったとか、目からビームが出るようになったとか、そういうのではなく。(ちょっと見てみたいけどw)
今回の「パンダ」は、笹が主食の白黒の生き物のことではございません。

巷で話題になってる(らしい)Google検索エンジンのアルゴリズム改変
⇒ 通称【パンダ・アップデート】
興味ある内容だったので、忘れる前にメモ!

※色々なサイト様の意見を個人的な視点でまとめたメモ記事です。
内容が間違ってるなど、お気づきの点があればご指摘いただけると幸いです!!
Continue reading »

ボックスの概念

CSSによるデザインの基本は「ボックス」。
Webページでは、HTMLタグで囲んだ部分が1つの「ボックス」として扱われる。
CSSではこの「ボックス」に対してスタイルを指定する。

ボックスは次の4つの領域から構成される。

<内容>
要素に含まれる内容/width(幅)とheight(高さ)で表示領域を指定

<padding : パディング>
内容とボーダーとの間のスペース

<border : ボーダー>
パディングの周囲にある枠線(ボックスの背景はborderの領域まで)

<margin : マージン>
要素のボーダーと他の要素の間の余白
(背景は常に透明のため、親要素の背景に依存)

★ボックスのサイズ
ボックスとして実際にブラウザに表示される領域は、『width+padding+border』を合計したサイズ

例)480px + 50px*2 + 10px*2 = 600px(ボックスの表示領域)
★CSSの記述

#contents{
width:600px;
background-color:#ccc;
padding:50px;
border:solid #f0010px;
margin:30px;
}

★HTMLの記述

<div id="contents">
<h1>ボックス</h1>
<h2>ボックスの基本</h2>
<p>CSSによるデザインの基本は、「ボックス」です。
Webページでは、HTMLタグで囲んだ部分が1つの「ボックス」として扱われます。
CSSではこの「ボックス」に対してスタイルを指定することになります。</p>
<p>ボックスは次の4つの部分から構成されています。</p>
<ul>
<li>内容 (width/height:幅と高さ)</li>
<li>パディング padding(内容と枠線の間の余白)</li>
<li>ボーダー border(枠線)</li>
<li>マージン margin(枠線の外側の余白)</li>
</ul>
<h2>ボックスのサイズ</h2>
<p>ボックスとして実際にブラウザに表示される領域は、
『width+padding+border』を合計したサイズになります。</p>
</div>

★表示例はこちら
ボックスの概念