「Visual Studio Code」を使ってみた感想。

vsc_ttl
Microsoft開発者イベントBuild2015で発表された「Visual Studio Code」
軽量のクロスプラットフォームのコードエディタで、Windowsの他にMacとLinuxでも動作し、しかも無料。(現在はプレビュー版)

Windowsだけじゃなく、MacやLinuxでも使えるということで、発表時は深夜だったにも関わらずTLが盛り上がってましたねw
web制作時に使うと便利かなぁと思ったのですが、個人的に気になったのが「文字化け」。
以前、Sublime Textの設定を変えないと文字化けするって言ってたのを聞いた気がしまして(うる覚えですけど…)
なので、「Visual Studio Code」も変更しないといけないのかな?と思い…。

質問してみたら宿題になって帰ってきた件。(なんて恐ろしい師匠…)
そもそも私はコーディング苦手というのもあり、通常はDream weaverを使っていて、他のエディタってホントに触ったことありません。
そんな状態の人間が早速「Visual Studio Code」を使ってみましたよ。
Continue reading »

「WordBench福岡」で登壇させていただきました。

wordbench_ttl
4月18日(土)に開催されたWordBench福岡「Azure Appservice WebAppsでWordPressサイトを構築すると運用が劇的にラクになる話」というお話をさせていただきました!
会場はお引っ越ししたばかりの株式会社Fusic様の会議室だったのですが、ホントにおしゃれで綺麗でした~♪
何と引っ越してから初めて開催される勉強会だったとか!!

■きっとたぶん4.2回目くらいのWordBench福岡
https://fukuokawp.doorkeeper.jp/events/23124
Continue reading »

【実績紹介】株式会社オルターブース様のロゴ・名刺デザインを担当しました。

jisseki_alterbooth_ttl
3月19日に設立された 「株式会社オルターブース」 様のロゴと名刺のデザインをさせていただきました!
代表の小島さんはMicrosoft MVPでもあり、JAZUG(Microsoft Azureのコミュニティ)の「ふくあず」を主催されてます。
久しぶりのデザイン案件、とても楽しく制作させていただきました。
Continue reading »

デモ環境で構築したWordPressサイトを一瞬で本番環境に移行する方法。

wpslot_ttl
前回Azure WebSitesのステージング(スロット)の記事を書いた時に「WordPressはうまくいかなかった」と書いたのですが、スロット機能をうまく使えばWordPressでサイト構築をした場合の本公開作業がかなり楽になると思って諦めきれなかったので @kazumihirose さんに相談して方法を教えてもらいました。

というわけで、WordPressにちょっと仕掛けをすることで「ステージング環境と本番環境を一瞬で入れ替えできる」ように!
「一般的なコーポレートサイトの構築例」を使って実務に近い状況を作って検証してみました。
Continue reading »

Azure WebSitesにWordPressを1,000サイト詰め放題して「スケールアウト」してみた話。

scaling_title
前回の「Azure WebSitesにWordPressを1,000サイト詰め放題可能な「仕組み」を勉強してみた話。」に引き続き、 @kazumihirose さんに全面的に技術指導していただき、クラウドサービスの本領発揮と言われるAzure WebSitesの「スケールアウト」を実際に試してみました!
WordPressを1,000サイト詰め放題にしたWebSitesでスケールアウトをやってみたらどうなるか、をまとめます。
Continue reading »

Azure WebSitesにWordPressを1,000サイト詰め放題可能な「仕組み」を勉強してみた話。

websites_title
FUKUOKA MEETUP COMMUNITYでお話させていただいた後、「どうしてAzure WebSitesにWordPressが1000サイト詰め放題できるのか」というところをちゃんと理解してないなーと思ったので、改めて勉強しなおしてみました。
今回はさすがに私1人で理解するのは無理すぎたので、 @kazumihirose さんに全面的に技術指導していただきましたが。
(というか、これ1人でわかったらジョブチェンジしてるレベル)
私的に理解できたとこをまとめますー!
Continue reading »

Azure WebSitesでMySQLを使わずWordPressの運用をするとWebデザイナー的に色々助かると思った話。

sqlite_title
前回書いた「Azure WebSitesのバックアップ方法」の補足記事です。
WordPressの運用にMySQLを使わず運用すると、データベース知識が無いWebデザイナーも運用が楽になって色々助かる!と思ったのでまとめます。
Continue reading »

Azure WebSitesの「ステージング」をWeb制作な視点で使ってみました

staging_title
サイト制作をするとき、本公開前は一般公開したくないけどクライアント確認は必要だから「デモサイト」を作って構築する場合があると思います。
「デモサイト」でサイトを構築した場合、ファイルや画像を本番サイトのサーバーにアップロードしなおしたり、動的コンテンツがある場合は正常動作しているかテストしなおしたりと手間がかかるな、と個人的に常々感じておりました…。
(サーバーが違ったりすると、たまに動的コンテンツが動かなくなるとかあるし)
これ、Azure WebSitesの「ステージング(新しい展開スロットの追加)」を使うことで「デモサイトと本番サイトをクリック1つで入れ替えできるようになった」とお聞きし、「なにそれ試したい!」ということで実際に試してみました!

今回は「新しいポータル」でも試してみたのですが、ちょっとわかりにくかったので通常のポータルの方でレポートします。
Continue reading »

GoogleAnalyticsのURL表記にページ名を追加する方法

url_title
アクセス解析の定番といえばGoogleアナリティクスですが、デフォルトだと「ページ」はURL表記なので「どのページなのかわかりにくいなー」と思いませんか?
これ、「検索と置換フィルタ」を利用することで「URL表記にページ名(ページタイトル)を追加」することができるんです。

検索と置換フィルタ
検索と置換フィルタは、一致したパターンを別の文字列に置き換える場合に使用します。検索と置換フィルタでは、フィルタ フィールドを指定し、検索する表現と置き換える表現を設定する必要があります。検索する表現は正規表現で指定する必要がありますが、置き換える表現は任意のテキストを指定できます。

この設定をしておくと「行動 > サマリー」のページ部分はもちろん、「リアルタイム > サマリー」でも「現在どのページが見られているのか」がすぐにわかるようになります。

url01
だいぶ前にこのフィルタの設定して大層便利だったので、記事書こう書こうと思って放置しているうちに「アナリティクス設定」の表示が変わってしまったので、今の画面に合わせたやり方をメモ!
Continue reading »