Azure DevOps Projectを試してみた話。

Pocket

Microsoft Connect(); 2017のキーノート内で発表があった「Azure DevOps Project」ですが、眺めていたら「Static Website」というのがあったので試してみました。
Azure DevOps Projectですが、利点はざっくりとこんな感じとのこと。

  • 新しいアプリケーションとDevOpsパイプラインを数分で立ち上げて実行
  • .NET、Java、PHP、Node、Pythonなどの幅広い一般的なフレームワークのサポート
  • インスタント分析と実行可能な分析のための組み込みアプリケーション・インサイト統合
  • Visual Studio Team Services(VSTS)を使用したクラウドベースのCI / CD

CI/CDは個人的に結構見ることが増えた感あるんですが、CM環境までサクッとできるのはすごいなと!

Azure DevOps Projectの詳細についてはこちらをどうぞ。


実際に作ってみる


「Azure DevOps Project」はAzureポータルからポチポチで作成できます。


.NET/ .NET core / Java / Static WebSite / Node.js / PHP /Python などプロジェクトのテンプレートが用意済み。


「Static Website」があるので選ぶ。


「WebApps」を作成してみます。


今回は新規で作成を選択。ここからしばらく待つと…。


Web Apps、Visual Studio Team Services(VSTS) CI/CD、Application Insightsまで含めた環境が一気に出来上がります。
サンプルでHTMLファイルとかをWebAppsにデプロイしてくれてます。(おそらくこの部分で時間かかってるかも…?)

モバイルアプリで試してみる

Azureにはモバイルアプリがあります。

これで見れるのかな?と思ってみてみたところ…。

キチンと「Azure DevOps Project」が追加されていて、頑張ればiPhoneでも編集できました。
いつでもどこでも対応できるっていいのか悪いのかw

最後に

個人的にDevOpsはシステム開発のイメージが強いですけど、Webサイト構築も大規模になれば必要になると思います。
「Azure DevOps Project」はWeb制作方面にも使える「Static Website」のプロジェクトテンプレートが用意されているのでいいなと。
VSTSをた全く使いこなせてないので、そちらも勉強していきたいと思いますー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です