Facebookのスパム的アプリからの自衛方法。

Pocket

koneta_fttl
Facebook経由で「◯◯診断」とか「◯◯検定」とかありますけど、たまに

  • 基本データ
  • メールアドレス
  • あなたの「いいね!」
  • 位置情報

などなど、明らかにアプリに関係無さそうな情報を持って行こうとするアプリもあったりします。(スパムアプリと呼ばせてもらいますが)
えぐい感じのは減ってきた印象があるんですけど、コレ系のアプリをまたちょくちょく見るようになったので。

これ以前から設定を自分で変えることで自衛することができるっぽいのですけど(以前教えてもらった)、やり方が変わってるっぽい?ので忘れないように自分用メモ!

設定の変更方法

koneta_f01
Facebook画面の上メニューから[設定]をクリック。

koneta_f02
左メニューの[アプリ]をクリック。

koneta_f03
下方の「他の人が使用しているアプリ」をクリック。

koneta_f04
ポップアップが開くのでチェックを外して「保存」します。

アプリの削除

気持ち悪いのでよくわからないアプリは削除しておくのがいいかもです。

koneta_f05
「削除」をクリックするとポップアップが開くので、不要であれば削除します。

最後に

じゃあこの設定で絶対大丈夫か?というと、それはちょっとわかりかねるところなので、FacebookやTwitterなどSNS使っていて個人情報の流出が気になる場合、個人的には「サービスを利用するのに最低限の情報しか入れない」というのも方法の1つかなと思います。
例えば、Facebookだったら学歴や職歴、家族の情報などプライベートな情報はそもそも登録しないとか。(実際私は最低限の情報しか入れていないので)

あと、ルールを守ってアプリを提供してる企業もモチロンあるので、「Facebookアプリ=スパムだからやるな!」とか「リテラシーが低い!」とか言い切ってしまうのも極論だよなぁ…とWebマーケをちょろっとやったりする私は思ったりするところもあり…(モゴモゴ)
使い方は人それぞれなので、どうしてもそれ系のサービスを使う人を許せないなら、ブロックしたり友達解除するのも手なのかなぁと思います。

と言いつつ、私も診断系は興味でやってしまうことがあるので気をつけようと思いますー!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>