Fabbitオープニングイベントに参加してきました。

Pocket

2014年4月1日に小倉駅前にオープンするインキュベーション施設「fabbit(ファビット)」のオープニングイベントが3月28日に開催されました。
北九州在住なので、一度お邪魔したいって思ってるとこにお声かけいただいたので参加させていただいたのですが…もう本当に素晴らしい場所でした〜♪

fabbit(ファビット)とは?

▼公式サイトはこちら
http://fabbit.in/

「fabbit(ファビット)」は、シェアオフィスを軸として多様なアクティビティを内包する複合施設です。
入居者以外も利用できるライブラリや、ITスキルなどを習得できるスクール、
様々なセミナー・ワークショップが行えるイベントスペースを併設。
学ぶ・集う・つくる、という3つの側面から、
北九州における新たな文化の担い手をサポートします。(サイトより抜粋)

この「fabbit(ファビット)」は日本最大級のインキュベーション施設とのこと!
場所は「小倉駅のベスト電器の3F」と言えば地元の人はわかるなぁと思うんですが、小倉駅から直結した建物なのでアクセスも抜群!
とても広いのにメッチャオシャレなのが素敵すぎでした。

デジハリ北九州が入るところ


デジハリ北九州もこの施設に入ります。(既にオシャレな部屋がありました!)

利用料金が破格すぎる

アクセス抜群で内装もものすごくオシャレなので「利用料はお高いんでしょ?」と思っていたんですが…。
「fabbit(ファビット)」のフリーアドレス席は何と2,500円!!
固定席会員でも9,000円と、一瞬聞き間違いかと思ったレベルでしたw
ロッカーの使用料や登記時の住所使用(フリーアドレスの場合は不可の模様)の場合は別料金だったりはしますが、東京だったら使用料だけで1万以上になるクオリティとのこと。
今後はカフェカウンターも用意される予定とのことでなんですが、それでこの使用料…すごすぎです。

「アイディアソン」にも参加させていただきました

オープニングイベントの締めくくりとして「アイディアソン」が行われました。
お題は「IoTな文房具」
▼fabbitオープニングイベントの内容はこちら
http://fabbit.in/event/opening-event20140328/

10名前後の全4チームに分かれたのですが、なんと以下の方々がチームリーダーとして各チームに入られました!

  • 孫 泰蔵氏(MOVIDA JAPAN 株式会社 代表取締役)
  • 田中 邦裕氏(さくらインターネット株式会社 代表取締役)
  • 岩佐 琢磨氏(株式会社Cerevo 代表取締役)
  • 小笠原 治氏(株式会社nomad/株式会社ABBALab 代表取締役)

通常であればお話する機会にも恵まれないだろう…っていう方々がチームリーダーとなりアイディアをまとめていくなんて、ものすごく貴重な体験をさせていただきました。
私は赤チームで岩佐 琢磨氏のチームでした。

ワークショップは「5分でブレスト10分でブラッシュアップ…15分で発表資料作成」みたいな、「ちょっとそれ(普通だったら)無理じゃないですかね!?」的なタイトすぎる時間で行われたのですが…全チームキチンと時間内に発表資料まで作り上げて「3Dプリンタ」のデータまで作成してしまっていたという。(「3Dプリンタ」のデータは専門の会社の方が1チームに一人ずつ入られてました)
これがトップクラスの経営者の方々の考え方とか判断なのかなぁ…と僭越ながら思ってしまった感じですw
ものすごく貴重で濃い時間を過ごさせていただいてしまいました。(普段使わない脳みそフル回転だったので頭痛かったです)

素晴らしいイラストを台無しにする自分の字の汚さに絶望(赤字部分)


そしてそして、私が参加させていただいた赤チームが優勝!!
協賛のPLUSさんから優勝賞品として文具詰め合わせをいただきましたよ♪

最後に

北九州市は昔から「モノ作りの街」なので、こういう施設ができたことがキッカケになってもっと北九州市が元気になればいいなぁと。
勉強会やイベントなど、せっかく素晴らしい施設ができたのだからドンドン活かすように地元民としてお手伝いできればなぁと思ったり。
とりあえず、会員募集開始されたら応募してみようと思ってますw

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>