ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q観てきました。

Pocket

11/17に公開された「ヱヴァQ」観てきましたー。
が、実は公開初日に行ってきたんですけど…何かもー色々と精神的ダメージがひどくて…。
EOEほどのダメージではないけど、結構キましたんで…。
やっと復活してきた感じなので感想書いてみます。
以下、ネタバレ含みで好き放題書き散らしますー。
ので、読んだ後のクレームはご勘弁を!!

とりあえず、一言。
破のときの予告、ドコ行った!?
今回のQ、予告のこともあったし公開をものすっごく楽しみにしてたんですけど!!!
これまでの新劇場版の流れをガン無視のまさかの完全鬱展開…。
これは全く予想外というか、個人的にはホントに望んでなかったんですけどね。
トラウマの上書きが起こるとは…的な、とにかく精神的ダメージがハンパなかったです。

異常な『違和感』

今回のQ、もうコレしかなかったです。いいとか悪いとかもうそんなレベルではなく。
無理矢理「旧作」に戻したというか…。
観てる方はひたすらにシンジの気持ちだったと思うんです。
「え?何?ちょっと説明してよ!!」的な。
どっかで説明してくれるだろうって思ってたんですけど…最後まで置き去りでしたね、ええ…。
しかも加持さん何て一瞬も出てこない。(名前のみ)
何でいないの?説明なさすぎるー!!

というか破のラスト、レイを助けようとしたシンジにミサトさんは「行きなさい!シンジ君!誰かのためでなく貴方自身の願いのために!」って叫んでたと思うんですよ。
それを言った本人が、Qでは「全く見に覚えがございません」的なシンジのみ責めるあの冷たい態度…。
おかしくねーですか?しかも首輪爆弾?!罪を償えって…は??
シンジが眠っていた間のことを「何一つ説明しない」周りの人たちにもイライラ。
何と言うか人間の身勝手さみたいのが強調されてて嫌な気分にしかならなかったですが…うーん。

渚カヲルの登場

Qのカヲル君の登場シーンは漫画版寄りだったですねー。
安定のイケメンだし意味不明さだしで中盤のカヲル君のターンは正直嬉しかったw
たぶんQで唯一平和な場面だったと思います。
だけど…完全に人間不信になってるシンジに信用してもらうためには必要だったと思うけど、首輪爆弾はマジ捨ててほしかった…!
それ引き受ける必要無くない!?もう身代わりはいいんじゃないかな…と思ったし、もうなんかこのとき「フラグたったわー…(泣)」的な絶望感を感じましたけどね…ええ。

エヴァ13号機

「カシウス」と「ロンギヌス」の二本の槍を抜くには二つの魂が必要だからということで、複座式の13号機。
見た目は初号機っぽい。でも何と言うかデザイン的に手抜き感(ry
大人な事情ですかね?
今回のエヴァの機体って全体的に格好良さを感じなかったというか…。
というか、初号機はシンクロ率ゼロで乗れないって言われたシンジだったけど、何で13号機には乗れたの?
とか疑問も一瞬持ったんですけど…。

また『うっかり』だったらしいです

旧作でもリリスとアダムの間違いやらかしましたよね、カヲル君…。
今回は「カシウス」と「ロンギヌス」のはずだったけど、槍は2本ともロンギヌスの槍だったらしいです。

うっかりしすぎじゃこらぁあああ!!!(涙声)

しかも第1使徒のカヲル君が第13使徒として覚醒したから(?)首輪爆弾起動するし…。
ホントもうこの展開は一番やめてほしかった…。
カヲル君は第1使徒なんだから何とかして隣のシンジの暴走止めたらよかったと思うんですが…。
何かアッサリ引き下がったなーとも感じたり。
個人的には最後の笑顔がホントにトラウマですよ…。
旧作と違い、ガチ凹みした挙句、若干取り乱したカヲルくんは新鮮だったけど。
というか旧作からゼーレやらゲンドウやらに騙されまくりってどうなの。
使徒って純粋なのかな…。

アスカがお姉さんになってました。

ラストシーン、シンジを見捨てず迎えに来たときはウルッときた。
旧作のアスカだったら見捨てていってるだろーしなーと。
ただ最後に「リリンはここには近づけないから徒歩で…」と言ったシーンにびっくりしたけども。
リリンって使徒って自覚のあるカヲル君しか使ってない単語だったのでは…?
リリンが近づけないとかいうエリアで普通に生存してた彼女たちはやっぱり「ヒト」じゃないのかな…。

見終わって思った事。

とりあえず上映が終わった瞬間、劇場内は無音でした…。
私の周りの人たち、泣いてる人多かったですし。
序と破の流れから、今回もあんな感じのエンターテイメント性の強い作品になるだろうって思い込んでるところがあって、まさか旧作みたいな鬱展開になるとは思ってなかったのでショックは大きかったですね…。
新劇はトウジもアスカも助かったし、何となく誰も死なないだろうハッピーエンドだろうって思い込んでたんで生死不明の加持さんとかカヲル君退場とかポカポカしてた綾波行方不明とかマジでショックでした。

鬱展開はEOEでやって旧作で終わったと思ってたし、新劇ってホントに新しいものを見せてくれるんだって期待感があったので。
「14年も経ったのに、やっぱり同じ展開しかできないのか…」みたいな、正直残念なところもありました。
うーん、破の出来が良すぎて、「新しい展開」に期待しすぎてたのかもしれませんけど。
私は一緒に観に行ってくれた友人がいて、終わった後に話し込むのに付き合ってもらったんで精神汚染もEOEのときほど進まなかったですけど。
語れる人がいなかったらヤバかった…。
というか、主題歌の「桜流し」はいい曲と思うけど聞いたら精神汚染進みますし…。

次回の完結編で大団円の予定らしいですけど、これは難しいんじゃないですかね?
主人公のシンジがカヲル君が目の前でひどい退場したせいで本気鬱入ってるし…。
ホントにそろそろみんなを幸せにしてほしい…(切実)
リアルタイムで見てる世代なので、この願いは切実すぎるんですけど。

二回目見たら感想変わるかもですが、パンフすら初日にチロッと見て封印してる状態なのでいつ行けるやら…。
まあ、前売券あるから行かないといけないんですけどもね(汗)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>