「de:code2016」に参加してきました。

Pocket

decode2016_ttl
2016年5月24日~5月25日の2日間、ザ・プリンス パークタワー東京で開催された「de:code2016」に参加してきました!

私が5月から株式会社オルターブースに所属させていただいてるんですけど、「社員旅行ね!」ということで福岡から全社員でde:codeに参加という流れになりまして。(金髪社長、ホントにありがとうございます…!)
…全社員で来た会社は、弊社とp社の2社だけだよ!と皆さんに言われてましたけどw
今回初de:codeですがとても素晴らしいイベントでした~。
というわけで、参加したセッションの備忘録も兼ねての参加レポートです。

Keynote、ものすごく盛り上がってました

decode2016_00
今回はサティア・ナデラCEOが登壇するということで、注目がとても高かったKeynote。
開場前に長蛇の列ができていたので会場入れるかな?と心配でしたが、実際は結構前の方の席に座れました!(写真は開始前の嵐の前の静けさのステージ)
サティア・ナデラCEOの登壇内容も素晴らしかったですけども、各エバンジェリストの皆さんによるデモも素晴らしかった。
個人的には牛尾さんの登場ダンスとDevOpsのデモ、超盛りがってて会場で見れてよかったですw

さて今回のKeynoteでも何度も出てきた「すべての人の可能性を拡げるモバイルファースト、クラウドファースト」という言葉。
「クラウドファースト」は私自身すごく実感しているので、このキーワードが多く出てきていたのはとても感慨深かったですね。
実際に会場で見れてホントによかった…!
当日の様子はChannel9で公開されていますので、見ていない方は是非に。

Channel9:de:code 2016 Keynote (日本語)
https://channel9.msdn.com/Events/de-code/2016/keynote-jp

2日間で参加したセッション

2日間で参加したセッションの感想をつらつらと。
今回は社員全員で参加ということもあり、私は本職に近いWeb系のセッションを中心に参加してみました。(あとはブースをフラフラと…)
※登壇者のスライドや動画が公開されたら追記していきます。

Developing on the Edge. ~ WebプラットフォームとCordova ~

一応Web制作携わるものとして気になる「Microsoft Edge」についての物江 修さんのセッション。
今年の夏、Windows 10の大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」が予定されていて、そのアップデートで「Microsoft Edge」にも数多くのAPIが追加されるとのこと。
このセッションでは新しく追加されるAPIの紹介や、それらを利用したUWP(Universal Windows Platfor)などの開発ポイントについてのお話しでした。
こちらの記事がとてもわかりやすくまとめられていたので、セッションの詳細はぜひこちらで!

Developing on the Edge. ~ WebプラットフォームとCordova ~
https://html5experts.jp/albatrosary/19173/

本音で語る、マイクロソフトの OSS はどうなのよ?

新井 真一郎さん、増渕 大輔さん、レッドハット株式会社 藤田 稜さんのチョークトーク形式のセッション。
チョークトークというものに初めて参加したのですが、参加者みんなで多くの意見が出てセッション時間があっという間に終わりましたw(NDA的なもので詳細は出せませんが…)
私は開発者では無いので正直OSSの話はポカンで終わるかなー?と思ったのですけど、Web制作的な質問ができてよかったです。
とりあえず、Azure WebApps(PaaS)は便利なのでみんな使いましょー!w

モダン Web: たった今と、ほんの少し未来の話

1日目に参加したセッション「Developing on the Edge.」の続きと紹介されていた物江 修さんのセッション。
「モダンWebとは何ぞや?」というところから色々な例を含めたりしつつ、わかりやすいお話でした!
こちらの記事がとてもわかりやすくまとめられていたので、セッションの詳細はぜひこちらで。

モダンWeb:たった今と、ほんの少し未来のはなし~「de:code 2016」セッションレポート~
https://html5experts.jp/albatrosary/19092/

Power BI Service のアーキテクチャとエンタープライズ利用におけるデザイン パターン

伊藤 歩さんの実例を含めたPower BI Serviceのセッション。
decode2016_02
このようなデモを実際にされていたのですが(たぶんメモ間違ってないはず…)、実際に自分がやってみたいと思っていた構成だったので試してみようと思ってます。
このセッションではAzure ADとADの違いや実際のデータをどのようにPower BIでグラフ表示するか、その場合に使える機能など、多くの事例と共に気をつけるポイントなど紹介されてましたので、とても勉強になりました!

NoSQL in Azure ~ドキュメント指向データベース Azure DocumentDB 徹底解説~

佐藤 直生さんのセッション。
DocumentDBの最新情報と事例での使い方について、事例を含めてガッツリ紹介されていました。
特に、ゲーム「The Walking Dead(日本では未公開とのこと)」の要点同時通訳付きの事例紹介はすごくわかりやすかったです!
全体的に実例や図解が多くてイメージしやすく、とても勉強になるセッションでした。

The Walking Dead: No Man’s Land game built on DocumentDB
https://www.youtube.com/watch?v=migFuM4QKjs

FinTech だけじゃモッタイない! ブロックチェーンとクラウドが作る未来

増渕 大輔さん、廣瀬 一海さんのセッション。
このセッションは開始時に登壇者から「撮影OK、SNS投稿可」とのお話しがあったので、遠慮無く撮影&SNS投稿させていただきましたw
撮影できたスライドはこちら。
decode2016_03
decode2016_04
decode2016_05
decode2016_06
decode2016_07
また、現時点では「strato on azure」は北米のみとのことですが、廣瀬さんによるVisual Studio からスマートコントラクトをブロックチェーンネットワークにデプロイするデモが見れて本当によかったです!(日本初だった模様)
Fintechとブロックチェーンという言葉は若干バスワード可してる感じがありますが、このセッションではバズワードではなく、実際に開発している方からのお話しを聞けて非常に興味深かったし勉強になりました。
全体的に知識がモヤっとしている私のような人間でもFintechとブロックチェーンの概念について理解が深まったセッションでしたし、SNSにスライドを投稿していたのを見て、後日Web系の知り合いからも興味を持ってもらうことができたり。
しかしながら、飛行機の時間の関係で最後まで聞けず無念…(動画公開待ってます!)

MVPバッジをつけてましたが…

decode2016_01
今回のde:codoでは、MVP限定で「MVP缶バッジ」が配られていました。
このバッジをつけていて一般の方に声をかけられることは無かったですが、MVPの方に声をかけてもらえたので私的には付けててよかったなぁと。(元々エンジニア系のお知り合いが少ないからありがたかった)
あとはMSの中の方からAzure WebAppsのWeb視点の利用方法について質問いただいたりはありましたw

最後に

初参加だったde:codeですが、満足度高いイベントでした!参加できて本当によかったです!
関係者の皆様、本当にお疲れ様でしたー!!

今回は全体的に撮影NGの通知が出ていましたが、セッションによっては「撮影OK、SNS投稿可」もあったとのこと。
登壇者の方が事前に告知してくれるセッションもありましたが、あいまいなままのセッションもあったので、この辺り統一してもらえたらよかったかなーと個人的に思ったり。
あとはとにかく参加者が多くて、会場で人酔いしまくったところはありました…。orz
反省点としては、体調があまりよくなくて2日間全力で行動できなかったのが心残りではあります…。

さて今回の2泊3日のde:codeツアー(と名付ける)ですが、de:code参加だけでなく1日目の夜は株式会社スカイアーチネットワークスさんと合同の「プライベート勉強会」がありました。
この勉強会では、弊社代表 小島氏濱本氏松村氏の3人が技術ネタを発表しました。
とても勉強になり楽しい時間を過ごさせていただいたのですけども、きっと弊社の誰かが書くと思いますのでお楽しみに!(ぶん投げとくw)

来年も参加したいなぁと思いつつ、次回参加するなら体調万全で挑みたいと思います!w

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>