「HoloLensおさわり会 in 博多」に参加してきました。

Pocket

hololens_ttl
2016年6月3日にスタートアップカフェBASESにて開催された「HoloLensおさわり会 in 博多」に参加してきました!

「噂のHoloLensを福岡で実際に体験できる!」ということで、注目度が高かった本イベント。
申込者が多かったので参加は抽選となりましたが、無事に抽選に当たりまして!(今年の運を使い果たした感ハンパない)
とても素晴らしい体験だったので、参加レポートです!

HoloLensとは?

HoloLensはMR(Mixed Reality:複合現実)といって、現実世界の上にホログラムのように情報(Windowsのメニュー画面や文字・画像など)を重ねて表示します。
ここがVRゴーグルのPlayStation VRやOculus Riftのように目の前のディスプレイに集中して楽しむというVR(Virtual Reality:仮想現実)とは少し性質が異なるようです。(このあたり、もっと勉強せねばなので間違ってたらご指摘ください…)

またHoloLensは「Spatial Mapping」とよばれる周辺の凹凸を判別する機能を持っているとのこと。
皆さん「Mesh(メッシュ)」って呼ばれてましたが、部屋の作りや障害物なども時間が立つにつれて認識していくのがすごかった。
HoloLensアプリの中にはアプリ実行前に「部屋全体を認識する」のが必要なものがあり、現実と仮想現実が融合する不思議な感覚がこの時点で味わえてました。

参考サイト:マイクロソフトの「HoloLens」に感じた期待と課題。現実と仮想が混じりあうMRゴーグル
http://japanese.engadget.com/2016/04/29/hololens-jal/

実際に体験してみた

hololens01
不器用すぎて初めはホントに操作できなくて泣きそうになってるの図…。
操作の上手い・下手はホントに個人差がありますよ、これ。

私は実際に「Fragments」というアプリを体験しましたが、出てくる人間が結構リアルだったり、現実には何もない白い壁に絵画がかかってたり、床がフローリングになってネズミが走り回ったりと思いのほかリアルな世界でした。
しかも殺人事件を解決するみたいなミステリー仕立てのヤツだったので、ぶっちゃけストーリーが怖かったです…。(時間の関係で最後までできませんでしたが)

参考サイト:拡張現実ヘッドセット「Microsoft HoloLens」はどうすごいのかが一発で分かるアプリまとめ
http://gigazine.net/news/20160301-microsoft-hololens-apps/

「RoboRaid」というシューティングゲームは、現実世界の壁に穴が空いて中から何か出てくるとかあって、ホントにすごかった!

今回は正面のプロジェクターに「HoloLens体験者が見えている視界」を写していたので「何を見てるのか」が周りの人にもわかりましたけど、これがなかったら「何も無いところで急にびっくりしたり話しかけてる人」になります…(白目)
参加者全員が1回は体験する形でしたが、体験してない周りの人たちもスクリーンを見ながらワイワイ盛り上がれたので、本当に楽しかったです!
自作のHoloLensアプリを2名の方が持ち込んでましたが、エミュレーターでは動くけど実機では動かない(もしくはその逆)とかあったようです。

HoloLensを実際に体験してみて思ったこと

  • HoloLensは指(人差し指と親指)と視点で操作する(手首と指の角度に注意)
  • HoloLensはメガネの上からでもかけられるが、裸眼で見えない人はホログラムも遠くて見えないらしいw
  • 操作のうまさに個人差がありすぎるw「頭がマウスの変わり」と思って操作すると結構うまくいく
  • 女性は頭のサイズが小さくHoloLensに合わないことが多いから、はじめに合わせるのが結構大変(補助バンドなどあり)
  • ホログラムは大きすぎると見切れるらしい。没入感を大事にするアプリなら少し小さめが良いとのこと
  • 思いのほかHoloLensで見える視界は狭い
  • ホログラムだけでなく音にも距離感がある
  • HoloLensの重さは600gくらい。長時間使うにはちょっとツライ重さかも?
  • HoloLens撮影会は人気グラビアアイドル撮影会みたいなテンションになった

まとめるとHoloLens超おもしろい!!w
これは体験絶対一度は体験すべき!

「3D酔い」しやすい人でもHoloLensは使えるか?

私はどうも三半規管がやる気無いようで3D酔いしやすい体質っぽいんですが(プレステ4のゲームはほぼダメだったりする…)、実はHoloLensの体験もそこが心配だったりしました。
これまで、Oculusなど他のVRマシンを一切体験したことなかったので、今回も途中で気分悪くなったらどうしよう…と。
ですが、主催者の @mitsuba_tan 曰く、「HoloLensは他のVRマシンと違いゴーグルが半透明なため、視覚的に外界から完全に遮断みたいな状態にならない(視界に現実の世界が見えている)から3D酔いの心配はほぼない」とのこと。
確かに、実際にHoloLensを体験してみて、プレステ4のゲームのときのような気持ち悪さは感じなかったですね。

最後に

現在HoloLensは開発者向けのみで、しかも手に入りにくいとのことですが、これからサードパーティー製のアプリもドンドン増えていくと思うので今後が本当に楽しみ♪
…一般販売のときは、も少しお安くなってくれると嬉しいですが。

私的に、HoloLensを体験する前までは「バイオハザードシリーズとか出たらやってみたい!」とか思ってましたけど、現実と仮想空間が融合するHoloLensアプリだったら本気でビビって一歩も進めんだろうな…と思ったりw
現実と仮想空間が目の前で混ざり合うという、SF映画で見たなぁっていう世界を自分が体験できて感慨深かったというか、すごく貴重な体験でした!
皆様、本当にありがとうございましたー!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>